2007年02月08日

2.個人が投資するなら投資信託、ADR、eワラント

●eワラントは短期売買のハイリスク・ハイリターン商品



実際にインド株に投資できるのは、
ゴールドマン・サックス証券が組成している「eワラント」です。
商品はインドの株価指数を対象としたタイプとなっています。

eワラントは1万円など比較的小額で投資できるのが大きな特徴です。

ただし、ある一定期間で売買しないと、
条件によっては受取額がゼロになることもある仕組みです。
反面大きな儲けを得ることもできるのです。
インド株の成長に期待するなら、
eワラントに賭けて見るのも一考です。

もちろん、短期間で成果を上げるのは難しいかもしれませんが、
インド株の場合、市場の規模が小さいこともあって、
短期間で株価が乱高下するケースがあります。
このように相場のブレをうまく捉えて高いリターンを狙うのであれば、
インド株eワラントはうってつけの商品でしょう。

●ADRは企業の成長にかける長期投資



次にADR。
これは、米国預託証券といわれるものです。
詳しくは後述します。

基本的な商品性は、もっともイインド株の個別株投資に近いものです。
長期保有に徹して、
配当とキャピタルゲインを地道に取って行くという方法がおすすめです。

たとえば、IT企業のインフォシス・テクノロジーズ社などは、
これからの成長が楽しみな企業です。

いわば、終戦直後の松下電器の株式を買い、
元の買値に比べ数十倍、数百倍にまで資産価値が増えたのと同じ効果が、
インド企業のADR投資には期待できます。

●投資信託は比較的安定した長期資産形成狙い



投資信託ですが、eワラントと同様、
1万円という小額資金から投資できますが、
複数の銘柄に分散投資することから、リスクの度合いは低くなります。

しかも、インド株ファンドの多くは償還期日が設けられておらず、
強制償還にさえならなければ、いつまでも保有し続けることができます。

インド株ファンドは、
eワラントのように短期間で大きく儲ける事は期待できませんが、
分散投資効果によって、
個別銘柄投資のリスクを軽減させることができるため、
比較的安定した長期の資産形成に向いている投資手段です。

また、1万円で購入できるため、
毎月積み立て購入することもできます。
今はまとまった資金がなくとも、
長期にわたって月1万円ずつの積み立てを繰り返すことによって、
将来的に立派な資産形成につながる可能性もあります。

インドに進出している日本企業の株を購入する作戦もある



インド企業ADRやインド株ファンドを直接購入するのではなく。
インドでビジネス展開を考えている日本企業の株式を
買うという投資戦法です。







 



 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13086654

この記事へのトラックバック

インド高級品市場、恐らく予想よりまだ大きく
Excerpt: インドの高級品市場、消費については当初の予想よりも更に拡大していくことになるのではないだろうか。2010年までには、高級品購買層が約2倍に増加する可能性がTIMES OF INDIAにより述べられてい..
Weblog: インド株
Tracked: 2006-04-08 15:18

キングスレーキャピタルって???
Excerpt: USのヤフーファイナンスのこのページにキングスレーキャピタルが出ているって、国際分散投資〜キングスレーキャピタルインク〜を追え! でかかれているんです。
Weblog: プロ投資家・業者に負けるな!素人個人投資家の投資観察日記
Tracked: 2006-04-20 17:41

FX投資のレポートが今なら無料
Excerpt: 月1000万円以上売り上げのある、大人気のFX投資のレポートが今なら無料で手に入ります。リスク回避の極意を知りましょう!
Weblog: 株式情報 投資の鎧
Tracked: 2006-07-04 13:37

インド株と中国株の配当と儲けの性向
Excerpt: インドには、中国のような他の地域への参入障壁はありません。したがって、利益は優先的に新規進出などの設備投資へまわされ、そのために、センセックス指数採用銘柄の平均配当性向は30%程度と約45%の中国株と..
Weblog: インド株とは?インド株投資
Tracked: 2006-08-18 15:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。