2007年02月07日

1.次々と設定されるインド株ファンド

日本で始めてインド株ファンドの運用をスタートさせたのは、
ピーシーエー・アセット・マネジメントいう外資系の投資信託会社で、
運用開始して1年で28倍以上にも育ったのです。

同ファンドが順調に残高を伸ばしているのをわかると、
他の投資信託も次々と
インド株のファンドの運用をスタートさせたのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。