2007年02月07日

8目論見書はポイントを絞って読む

●@投資対象、A中途解約の条件、Bコストを要チェック



投資信託を購入する際には、
まず、そのファンドの商品内容を熟知しておく必要があります。

そのために必要な資料が「目論見書」です。
 
これは、ファンドの基本的なスペックがすべて掲載されています。
取得するのは簡単。
インターネットでそのファンドを運用している

投資信託会社のホームページを見れば簡単にダウンロードできます。
目論見書を読む上で大事なことは、投資信託を購入するに際して、
最低限、押さえておくべきことは、
何かということを理解して読むことです。

では、何を押さえておくべきかですが、それは、
@投資対象A中途解約の条件Bコストの3つです。

・投資対象

目論見書の「投資方針」という項目を読むと、
おおまかな運用方針が記載されています。
そのファンドは何に投資するのか、
どのようなプロセスで銘柄を選択して投資収益を得ていくのか
といったことです。

・中途解約の条件

これは「管理および運営の仕組み」という項目に明記されています。
投資信託の場合、ファンドによっては中途解約に一定の制限を設けているものがあります。

たとえば、
「運用開始から3ヶ月間は解約が認められない」といったことです。

これをクローズド期間などといいますが、
この期間中は、ファンドの購入者に余ほどの理由がない限り、
解約によって現金化することが出来ません。

いざ、お金が必要になって、ファンドを解約しようとしても、
解約できなかったら、
他に資金を調達する道を探さなければなりません。

また、解約した場合、実際に現金を受け取れるのが何日後になるかも、
この項目でチェックしておきましょう。
銀行預金の場合は、
窓口で解約を申し出たその日にうちに現金を受け取ることができますが、
投資信託の場合、
ファンドによって解約を申し出た日から何日後に現金の
受け取りが可能になるかが違ってきます。

例えばMMFであれば、解約を申し出た翌営業日、
あるいは「キャッシング」という制度を用いることによって、
即日現金を受け取ることが出来ます。

一方、日本の株式市場で運用する株式投資信託だと、
解約を受け付けてもらった日から起算して、
4営業日目にならなければ現金化されません。

さらに、海外の株式市場に投資するファンドだと、
時差の関係もあって、解約を受け付けてもらった日から起算して、
4営業日にならなければ現金化されません。

さらに、海外の株式市場に投資するファンドだと、
時差の関係もあって、解約を受け付けてもらった日から起算して
5営業日にならないと現金化されないといったケースも見られます。

 ・コスト
  
コストをチェックすること。
「管理及び運営の仕組み」という項目に記載されています。

投資信託のコストは、大きく分けて2つあります。
ひとつはファンドを購入する際に、
販売金融機関に対して支払う申し込み手数料です。

そしてもうひとつは、ファンドを保有している期間中、
運用を担当している投資信託会社、
ファンドの資産を管理している受託銀行、そ
して分配金などの受け取り窓口になっている販売金融機関
の三者に対して支払う信託報酬です。

基本的にインド株ファンドの場合、
コストが割高の傾向が見られます。
特に申し込み手数料については、
3%を超えているファンドも少なくありません。

さらに、解約時に信託財産留保額が必要となるファンドもあります

また、ドル建てのインド株ファンドの場合は、
ファンドを購入する際、
あるいはファンドを解約して現金を受け取る際に、
外貨交換をしなければいけないので、為替手数料が必要になります。

為替手数料については目論見書に掲載されてませんが、
外貨建ての投資信託を購入する際は、
販売金融機関などにきちんと聞いておくことにしましょう。

●初心者には要約仮目論見書がおすすめ



目論見書については、
この3つの観点から該当する箇所をチェックしておけば十分です。
また、目論見書ではどこに何が書かれているのかわからないという方は、
同時に「要約仮目論見書」を発行している場合もあります。

要約仮目論見書の場合、正式な目論見書に書かれている内容に比べて、
わかりやすく、ポイントを整理して説明されています。

特に初めて投資信託を購入するという人は、
目論見書を苦労して読むよりも、要約仮目論見書を読んだほうが、
商品内容のおおまかな部分を把握することが簡単にできるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18357504

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。