2007年02月07日

10、販売金融機関の選び方

●投資信託を購入できる窓口



証券会社、銀行、保険会社、投資信託会社
しかし、1社でしか扱ってないファンドも有ります。


●金融機関によって異なる申し込み手数料



これまで、投資信託の申し込み手数料は、
販売金融機関が異なっていたとしても、
同じ料率が適用されるのが普通でした。

しかし、最近は、販売金融機関によって違いが生じてきていますので、
良く吟味して、金融機関を選ばなければなりません。

●投資信託のコスト



・申し込み手数料

・信託報酬

・信託財産留保額

・為替手数料

・講座維持手数料

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18358037

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。