2007年02月06日

1、儲かる銘柄選びのポイント  1、儲かる銘柄選びのポイント

●現段階では運用実績の差はあまり出てこない



運用実績でファンドを選ぶに際しては、
少なくとも3〜5年程度の運用期間が必要になります。

景気のワンサイクルを見る必要があるのです。

現段階では、
どのファンドが優秀なのか判断する材料が無いのが現実です。

ですから、インド株ファンドを購入する場合は、
各ファンドにどのような格差があるかを把握する必要があります。

以下にポイントを挙げて起きます。

・申し込み手数料

・純資産残高

*注意点:あくまでも余裕資金で購入すること。

元本は、保証されてませんので、どの程度の損失額が生じる恐れがあるのかを考えた上で、投資金額をきめましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

投資信託【ブル・ベア型(2)】
Excerpt: ところが、投資信託のブル・ベア型では、株価指数が下がった時にも、基準価格が上昇するように設計されています。 たとえば投資信託のブル・ベア型ファンドのレバレッジが2倍とすると 株価指数が10..
Weblog: 投資信託 の始め方、投資信託 での儲け方
Tracked: 2006-12-20 15:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。