2006年02月02日

IT関連

IT関連といいますと、インドのITソフトウェア産業は、
言わずと知れたインド最大の外貨獲得産業です。

ITソフトウェアといいますと、ソフトウェアの開発と
その関連サービスを思い浮かべがちですが、今、インドの
ITソフトウェア産業で急速に伸びているのは、
ITを利用した遠隔処理などのサービスです。


具体的には、ITES(IT Enable Services)と呼ばれる業務で、企業のバックオフィス業務やコールセンターサービス、データ管理、コンテンツ開発、市場調査などのITを利用した付加価値の高い業務受託サービスです。

なぜ、インドでITESが、成長したかといいますと、
欧米とインドとの時差を利用することで、実質的
に年中無休24時間体制でサービスが提供できること。
英語が話せて、しかも優秀な人材が
豊富にいるということがあります。
また、人材コストが安いこともその一端としてあげられます。

インドを紹介するテレビ番組などで、
アメリカのクレジットカード会社のコールセンター事業を、
インドでインド人がこなしている様子を見たことが
ある人も多いのではないでしょうか?


最近では、競争が、激しくなる一方、
日本の企業との関係を強化しようとインド政府とIT企業双方が、
躍起になっています。


また、業界的には、
中でもハイテク企業や通信会社からの研究開発に関連した
アウトソーシングを獲得することに力を入れています。


代表的な企業としましては、

ニューヨーク市場に米ドル建ての
ADR(米国預託証券)を上場する有力企業の

2004年8月に上場した老舗財閥タタ・グループの
タタ・コンサルタンシー・サーピシス。

インドでは、タタ・コンサルタンシー・サーピシスは、
以前から「キング・オブ・IT」と呼ばれていました。


プレムジー会長率いる、元石けんメーカーのウィプロ


ナラヤン・マーシー会長率いる、
ITだけで成長した財閥として有名で、金融、
通信業界の顧客に強みのあるインフォシス・テクノロジー


製造業の顧客に強いサティアン・コンピュータがあります。


これら3社は、1999年の世界的なIT相場のときに、
大きく値上がりした銘柄としても知られています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81968059

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。