2006年03月07日

長期投資は本当にリスクが小さい?

長期投資は本当にリスクが小さい?


Q:
長期投資は、一般にリスクが小さいと言われて
10〜20年の長期を目安にして
インド株やインドへ進出している日本株に投資することによって
本当にリスクが小さくなるのでしょうか?


A:
一般的に「長期投資」は、「短期投資」より、
リスクは拡大します。

例えば、現在優良(と思われる)A社の株を買ったとします。
これをデイトレですぐに決済すれば、
0になることは無いでしょうし、数倍になることも無いでしょう。

しかし、これを20年保有しようとしたらどうでしょうか?

1日では倒産する可能性は限りな0に近くても、
20年もあれば倒産しているかもしれません。
逆に数十倍〜数百倍になっている可能性もあります。

長期に持つことで0になるリスク、
数百倍になるリスクを背負うことになります。


しかし、矛盾するようですが、
インド株や日本株でもインドへ進出している企業で、
このサイトで説明しました、業界・・・特に
基幹産業へ進出している企業は、
リスクは小さくなるかと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88562585

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。