2006年02月02日

最新注目業種

エネルギー関連株やインフラ関連株のウェイトが、インド株では、低くなってます。

実は今、インドでは、エネルギー資源の確保が重要な課題に成ってます。
今後政府がバックアップしてゆく業界です。

石油化学をはじめ、素材、自動車、設備投資関連は、古くからインドの有力財閥系企業が力を入れてきたところです。
それで、経営力があり、収益性の高い、魅力的な銘柄が多いです。
 
ITソフトウェア産業のウエィトが高く、欧米向けのジェネリック薬品(特許切れの安価な薬品)で成長した医薬品の比重が大きいです。

そして、金融業種の比重が大きいことも注目すべきポイントです。

欧米とかかわりが深いITソフトウェア産業や医薬品のウェイトが大きいインドの株価指数は、アメリカの株式市場の動きに左右されやすい要素を持っています。

では、これらのことを踏まえて、インド株投資をするときに注目すべき業界をまとめておきます。

それは、石油、ガス、電力、設備、運輸、鉄、非鉄、自動車、二輪車、通信
などがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。