2006年02月02日

運輸関連

運輸関連ではナレッシュ・ゴヤル氏が率いる新興成長企業の
ジェット・エアウェイズが注目を集めています。
国内線では国営のインディアン航空を抜き、
トップシェアを占める企業です。

ジェット・エアウェイズは、
2007年、エア・サハラ買収し、エア・サハラの
社名をジェットライトと変更して名実ともに
インド航空業界でのトップの座を不動のものとしています。

ジェット・エアウェイズは、
機内装飾のセンスはもちろん、サービスも非常によく、
定時に出発到着するのも売りにしておりまして、
ビジネスマンなど時間に余裕がない人から圧倒的な支持を得ています。

いろいろな意味で、インドの航空業界のイメージを
変えている企業です。

また、国際線フラッグシップである国営会社エアー・インディアを
追いつき追い越せという日の出の勢いで伸びています。

ジェット・エアウェイズは、
インド政府が、アメリカ、イギリス、中国と相次いで
増便協定を締結しているのに伴って、
積極的に国際線事業に打って出ています。

ムンバイ・シンガポール線クアラルンプール線やロンドン線を
就航させてヨーロッパ経由のニューヨーク線やバンコク
なども開設しました。

国際線事業の将来はきわめて明るいと言えます。


なぜなら、本格的な外資導入で
海外との交流が増えると考えられるからです。

その点でも、同社は今後の成長が期待される企業として
注目を集めています。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。